頑張ってます岐阜県人
福富 朝希さん
女優

2019年01月11日 10:39

「舞台で全国を回れる女優になりたい」と話す福富朝希さん=岐阜新聞東京支社

「舞台で全国を回れる女優になりたい」と話す福富朝希さん=岐阜新聞東京支社

本気で泣いた、成長できた

 アルバイトを続けながらフリーとして活動。舞台を中心に、テレビドラマにも出演している。「役を通して普段と違う自分を演じられるのが楽しい」と魅力を語る。

 岐阜市出身。幼い頃から電子オルガンやダンス、合唱を習い、人前で発表する機会が多かった。「将来は役者になりたい」。人を喜ばせる楽しさを知り、そんな思いが膨らんでいった。

 演劇のため、強豪校として知られる岐阜農林高校に進学。3年時は演劇部の部長を務め、全国高校総合文化祭の演劇部門で優秀賞を受賞した。

 卒業後に上京。劇団の養成所に参加したが、進級できずに1年で退所することに。「根拠のない自信だけがあったが、打ち砕かれた」。足らないものは何か。初めて自分と向き合った。

 昨年11月、若くして母親になった「ヤンママ」役を演じ、舞台上で本気で泣いた。「子どもを守る使命感、生きることに対する責任の重さを感じた」。自分でも驚くほど役に入り込んでいた。

 少しずつだが、成長できているという実感もある。「舞台で全国を回れるぐらいの女優になりたい。岐阜でできたらうれしい」と目を輝かせる。東京都世田谷区在住。24歳。

過去の記事