頑張ってます岐阜県人
池田 里美さん
2019Miss SAKE岐阜代表

2019年01月25日 10:43

「日本酒の魅力をPRしていきたい」と語る池田里美さん=東京都中央区、東急プラザ銀座

「日本酒の魅力をPRしていきたい」と語る池田里美さん=東京都中央区、東急プラザ銀座

日本酒と地方の文化PR

 「クールジャパンをキーワードに、これまでの社会人経験を生かして日本酒をPRしたい」

 今月15日、東京・銀座で開かれた2019ミス日本酒(Miss SAKE)ファイナリスト発表会。各地方大会から選ばれた21人の一人としてステージに立った。

 愛知県小牧市出身。大学卒業後、JAなごやに2年間勤務。顧客との間で米や日本酒が話題に上ることが多く、興味を抱くうちに日本酒が好きになったという。現在は映画関連会社に勤めている。

 幼い頃から、中津川市で農家を営む祖父から送られてきた岐阜産の米を食べて育った。「岐阜は第二の故郷」と言い、ミス日本酒に岐阜代表として出場。最終選考会は3月に開催される。

 スパークリングなど多彩な種類が発売され、女性や外国人にも人気が広がっている日本酒。「地方によって味が違い、自分の好きな日本酒、好きな飲み方を探すのが楽しい。そんな日本酒の魅力とともに、地方の文化を広く発信していきたい」と語る。東京都台東区在住。30歳。

過去の記事