頑張ってます岐阜県人
岡田 弘隆さん
筑波大柔道部総監督

2019年02月22日 10:49

「人間教育として柔道を教えていきたい」と話す岡田弘隆さん=茨城県つくば市、筑波大

「人間教育として柔道を教えていきたい」と話す岡田弘隆さん=茨城県つくば市、筑波大

人間教育に重き 柔道指導

 来年に迫った東京五輪・パラリンピック。バルセロナ五輪柔道86キロ級の銅メダリストは「柔道の日本代表選手は、全ての人が金メダルを期待し、本人も金メダルしか考えていない。その状況を幸せに感じて臨んでほしい」と思いを寄せる。

 揖斐郡大野町出身。大垣日大高校から筑波大に進学。ソウル、バルセロナと2大会連続で五輪に出場したほか、世界選手権で優勝するなど輝かしい成績を残した。

 「ソウルからの4年間は、すべて自分自身で計画を立てながら、五輪で勝つことだけを考えて実行してきた。金メダルを取れずに悔いは残ったが、その過程は充実していた」と振り返る。

 引退後は同大監督や全日本柔道連盟の男子強化コーチを務め、選手の育成に力を注ぐ。「人間教育として柔道を教えることを意識している」。礼法の精神を重んじ、そして柔道の楽しさを伝える。

 2005年には地域の子どもたちを対象にした柔道教室を立ち上げ、そこから国際大会で活躍する選手も育っている。「勝つ手段ばかりでなく、基本を身に付けさせて、いろいろな可能性を示してあげたい」と話す。茨城県つくば市在住。52歳。


過去の記事