頑張ってます岐阜県人
白山 瑠衣さん
女優

2019年05月16日 09:02

「幅広く活躍できる女優になりたい」と話す白山瑠衣さん=岐阜新聞東京支社

「幅広く活躍できる女優になりたい」と話す白山瑠衣さん=岐阜新聞東京支社

「今しかない」夢追う

 今月7日に「ミスマガジン2019」(講談社主催)のファイナリスト16人が発表され、3023人の応募の中からその一人に選ばれた。「すごくうれしい。ぜひグランプリを獲得したい」と笑顔を見せる。

 多治見市出身。子どもの頃から人前に立つことが好きだった。帝京大可児高校時代はチアリーディング部に所属。「練習の成果を披露できたときに達成感を感じた」と振り返る。

 名古屋市の短大を卒業後、社会人に。だが、ずっと憧れていた女優への夢を捨てきれなかった。「今しかない」。昨年12月に会社を辞め、思い切って芸能界に飛び込んだ。

 ミスマガジンは、女優の斉藤由貴さんや倉科カナさんらを輩出した名門ミスコンテスト。「幅広く活躍できる女優になりたい」。きりっとした表情に芯の強さがにじむ。グランプリは26日までの投票期間を経て、7月下旬に発表される。

 所属事務所の先輩には、同じ県出身のお笑いコンビ「流れ星」がいる。「自然豊かで歴史がある岐阜の良さもアピールしていきたい」と岐阜への思いを語る。東京都在住。21歳。


過去の記事