頑張ってます岐阜県人
内藤 友樹さん
作曲家

2019年08月29日 10:18

「自分の納得できる作品を作っていきたい」と語る内藤友樹さん=川崎市

「自分の納得できる作品を作っていきたい」と語る内藤友樹さん=川崎市

音楽の楽しさを提案

 全国の中学、高校の吹奏楽部や交響楽団に曲を提供している。「生みの苦しみ」と向き合いながらも、「自分が納得できる作品を作りたい」と力を込める。

 大垣市出身。琴に従事していた叔母の影響で、幼い頃から音楽に触れてきた。県岐阜商業高校などを経て昭和音楽大を卒業。現在、楽譜出版「NaitoMusic」代表とともに、同大講師を務めている。

 2012年度から高校吹奏楽の名門、柏高校(千葉県柏市)吹奏楽部の依頼を受けて7作品を発表し、同校がこの全ての曲で全日本高校選抜吹奏楽大会グランプリを獲得。ぎふ清流国体・清流大会では式典ファンファーレを手掛け、川の流れや鳥のさえずりといった岐阜らしさを1分間の曲に込めた。「初めて自分の曲が演奏されたとき、いつも『良かった』と感じる」

 今後の目標について「映画音楽にも携わっていきたい」と意気込む。そして、音楽の楽しさを作曲家の立場から提案していく考えだという。「演奏していて楽しい、聴いていて楽しいと思える曲を作っていきたい」と語る。川崎市在住。38歳。


過去の記事