頑張ってます岐阜県人
清水由美さん
日本語教師

2020年04月23日 10:48

「日本語はとてもきれいで、整った言語」と日本語の魅力を語る清水由美さん=東京都東大和市

「日本語はとてもきれいで、整った言語」と日本語の魅力を語る清水由美さん=東京都東大和市

◆母語の「美」伝えたい

 「日本語はとてもきれいで、整った言語。機能美にあふれている」

 教師として30年以上、日本語に携わってきたからこそ感じる日本語の魅力がある。自身の経験を交え、日本語の奥深さをユーモアたっぷりにまとめた著書「すばらしき日本語」(ポプラ社)を出版した。

 高山市出身。斐太高校から東京外国語大に進学。卒業後に出版社を経て、国際協力事業団研修センターで日本語クラスの講師に就いた経験が転機になった。自分が日本語を「知らない」ことに気付き、講座や研修に参加。お茶の水女子大大学院にも通い、「日本語が面白くなっていった」。

 現在、千葉大や法政大などで非常勤講師として留学生に日本語を教えたり、日本語教師養成講座で育成に携わったりしている。2015年には、奥飛騨を舞台にしたNHKドラマで方言指導を担当した。「母語は、息をするのと同じように、知らないうちに身に付いているもの。だからこそ、特に日本語ネーティブの人たちに、日本語の素晴らしさに気付いてもらえたらうれしい」。東京都東大和市在住。61歳。


過去の記事