頑張ってます岐阜県人
山田 敬介さん
名糖産業名古屋支店営業課主任

2020年07月16日 09:55

「アルファベットチョコレート」を手にする山田敬介さん。高校時代は県岐阜商高の軟式野球部で活躍した=名古屋市西区笹塚町、名糖産業本社

「アルファベットチョコレート」を手にする山田敬介さん。高校時代は県岐阜商高の軟式野球部で活躍した=名古屋市西区笹塚町、名糖産業本社

多彩な菓子提案に力

 世代を超えて親しまれている「アルファベットチョコレート」などで知られる名糖産業(名古屋市西区笹塚町)の営業マン。名古屋支店の営業を担い、菓子や食品といった自社商品を岐阜、愛知県の卸問屋や小売店に提案する。

 岐阜市出身。県岐阜商高から中京大を経て2012年入社。今年で発売から50年を迎えるアルファベットチョコレートは「大黒柱の商品」といい、カカオ豆を自社工場でローストするところから手掛けるこだわりぶり。「ぷくぷくたい」をはじめ、多種多彩なチョコレートやキャンディー、粉末飲料などを手掛ける同社。今の一押しはスティック型の粉末飲料「スティックメイトシリーズ」という。

 「売れたよって喜んでもらえるとうれしいし、買い物に行って自社商品を見た時はやりがいを感じる。世に出すために提案力を高めて、ずっと市場に残り続ける主力商品の育成に携わりたい」と意気込む。

 県岐阜商高時代は軟式野球部で活躍した。ポジションは投手で、技巧派のエースだった。プロ野球はドラゴンズファン。愛知県江南市在住。30歳。


過去の記事