楽しもう!おうちの時間
飛ばそう「紙リング」
科学と楽しいものづくり

2020年05月16日 14:15

20200516141644-ab8e0cee.jpg

 今回は紙飛行リングを作ります。チラシなどで誰でも簡単に作れます。どれぐらい飛ぶか、家族で競争してみよう。


材料
 長方形の紙(硬い紙がおすすめ)、セロハンテープ=写真A=

20200516150245-8e928c18.jpg
実験方法

 ①紙を縦長に置いて、短い辺の片側を1センチぐらい谷折りにします。

 ②谷折りにした部分を包み込むように、残りが5~6センチになるまで、何度も折り返します=写真B=。

20200516150313-5013797a.jpg

 ③折り曲げて分厚くなった部分を内側にして輪を作るように紙を曲げ、紙を重ねてセロハンテープでつなぎます=写真C=。円い筒の形になれば出来上がり。

20200516150328-4556e7c0.jpg

 ④手のひらの中にいれるように持ち、押し出すように、前方に投げてみましょう。
 ※こいのぼりの吹き流しのように、折り返していない側にはさみで切れ目を入れると、よく飛びます。

注意
 顔に当たるとあぶないです。周りに人がいないことを確認してから投げましょう。


 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県内の学校では休校が長く続いています。学校に行って勉強できない子どもたちのために、今回は、手軽なものづくりを通して体感できる科学の不思議や面白さを、NPO法人「サイエンスものづくり塾エジソンの会」(岐阜市)の華井章裕さん(70)、広瀬弘さん(76)、奥村雄二さん(72)、杉山雅一さん(71)に教えてもらいます。


過去の記事