循環器内科医 上野勝己

 心臓の鼓動が鳴り響いて眠れない。突然動悸(どうき)がする。あるいは脈が飛ぶなどの症状があると不整脈が疑われます。不整脈がめまいや失神の原因となっていたり、悪性の場合には突然死を起こすこともあります。

 正常の心臓はどのように動いているのでしょうか。心臓は心筋細胞という筋肉でできていて、四つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)があります。この四つの部屋を順番通りに動かしているのが、刺激伝導系と呼ばれる、心臓の中の電気回路です。この電気回路をコントロールするのが右心房にある洞結節です。洞結節は自律神経によって安静時の脈拍が50〜100回/分になるようにコントロールされています。(続きを読む...)