岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜新聞・岐阜放送懇談会

一流選手に宿る人間力<東濃11月例会>

国際ビジネス&スポーツアナリスト タック川本氏



一流の人間になるための条件を語るタック川本さん=多治見市白山町、オースタット国際ホテル多治見
一流の人間になるための条件を語るタック川本さん=多治見市白山町、オースタット国際ホテル多治見

◆テーマ メジャーリーグに学ぶ経営戦略 ~企業革新と人材育成~

 岐阜新聞・岐阜放送懇談会の11月東濃例会は19日、多治見市白山町のオースタット国際ホテル多治見で開かれた。国際ビジネス&スポーツアナリストで、米大リーグ3球団の経営に携わった経験を持つタック川本さん(77)が「メジャーリーグに学ぶ経営戦略~企業革新と人材育成~」と題して講演。「激しい競争を勝ち抜いてメジャーリーガーになる人物は技術だけでなく人間力が備わっている」と語った。

 川本さんは早大卒業後、米国でスポーツファイナンシャルマネジメントを研究。大リーグのロイヤルズ、エクスポズ(現ナショナルズ)を経て、1999年にエンゼルスに入り、2002年に球団創設以来初のワールドチャンピオンとなるのに貢献した。

 講演では、約30年にわたって携わってきた大リーグの球団経営や人材育成などの事情を冗談を交えて説明した。選手に対しては技術力は当然のことながら協調性や奉仕精神といった人間力を求めているとし、「うまくいかない選手は過去の栄光を忘れられず、球団を批判するなど失敗の要因を外部に求める」と指摘。「過去と他人は変えられないが、一方で未来と自分はいつでも変えられる」とメジャーの格言を紹介した。

 さまざまな選手を見てきた経験から、メジャーリーガーや一流の人間になるための条件として▽拒否されてもひるまない▽高い理想・理念・夢を持つ▽自分が思った以上の心遣いができる▽自己満足をしない▽収入の何割かを社会のために使える―の五つを挙げた。「人生にコールド負けはない。諦めない自分がいる限り人生はどれだけでも楽しくなる」と締めくくった。



続きを読む