岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


岐阜新聞・岐阜放送懇談会

出世する男性に共通点 <11月合同例会>

銀座「クラブ由美」のオーナーママ 伊藤由美さん



岐阜新聞・岐阜放送懇談会11月合同例会で講演する伊藤由美さん=岐阜市長良福光、都ホテル岐阜長良川
岐阜新聞・岐阜放送懇談会11月合同例会で講演する伊藤由美さん=岐阜市長良福光、都ホテル岐阜長良川

◆テーマ「銀座のママに学ぶ人間力」

 岐阜新聞・岐阜放送懇談会の11月合同例会は5日、岐阜市長良福光の都ホテル岐阜長良川で開かれ、東京・銀座の「クラブ由美」のオーナーママ、伊藤由美さん(61)が「銀座のママに学ぶ人間力」をテーマに講演した。伊藤さんは多くの一流人や著名人と出会った経験を振り返り「いかに人のために時間とお金を使えるかが大切」と話した。

 伊藤さんは名古屋で育ち、18歳で単身上京。22歳で故勝新太郎さんの店「クラブ修(しゅう)」のママになり、1983年に23歳で「クラブ由美」をオープンさせた。多くのメディアで活躍しており、「銀座の矜持(きょうじ)」などの著書でも知られている。

 講演では、「一流の人とは、気配り、心配り、お金配りができる人」と話し、出世する男性に共通する項目として▽大きな声であいさつができる▽相手の話をしっかり聞ける▽相手によって態度を変えない▽自分の臭いに敏感▽名前を忘れない-の五つを挙げた。

 出会った人の顔と名前は「頭の中のシャッターを押すように名刺と顔を併せて画像で覚える」と独自の記憶術も紹介。初めての客には手紙を出すなどして、名前を手で書いて記憶を定着させていることも明かし「覚えていることがおもてなしになる。記憶は努力。自分の得意な方法で覚えて」と呼び掛けた。

 動物環境・福祉協会Eva(東京都)の理事でもあることから、動物の虐待や過剰な生産と販売の実態を語り「人と動物が共生できる社会づくりに協力して」と訴えた。

 また「銀座は流行の最先端にありながら、日本人ならではの情緒と粋の文化を受け継いできたまち。銀座の文化を世界遺産にしたい」との思いを語った。