岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


東京五輪2020県勢紹介

突き進め 田中兄弟 ボクシング多治見市出身 後援会がデザイントラック(2021年7月9日掲載)



  • トラックの前でポーズを決める田中亮明選手と恒成選手(右)=多治見市役所 
  •  

 ◆亮明選手 「五輪でド派手な試合」/恒成選手 「兄の活躍見て」

 多治見市出身で、ボクシング男子フライ級東京五輪代表の田中亮明選手(27)と、弟の元世界3階級王者の恒成選手(26)のデザイントラックが完成し、8日に市役所でお披露目会が開かれた。両選手を応援しようと、地元後援会が市内企業の協力を受けて製作した。

 お披露目会には両選手や後援会関係者、市職員らが出席した。実物を見た亮明選手は「このトラックに負けないようなド派手な試合をして多治見の皆さんを盛り上げる」、恒成選手は「五輪に向けて兄は良い準備を重ねている。ぜひ活躍を見ていてほしい」と話した。

 4トントラック1台の側面に両選手の姿を大きくプリントした。市内に本社を置く物流サービス業「平中サービス」が自社のトラックに施工した。東海地方を中心に運行し、両選手の応援の輪を広げていく。

 後援会名誉会長の古川雅典市長は「キーワードは多治見から金メダル、多治見から世界チャンピオン」と言い、市職員らと共に勝ちどきを上げた。