野菜や菓子といった地元の特産品が購入できる自販機=大野町下磯、道の駅「パレットピアおおの」

 岐阜県大野町は29日、地元産の野菜や特産品が購入できる自動販売機2基を同町下磯の道の駅「パレットピアおおの」に設置した。町の特産品認定制度「大野の太鼓判」や「大野町ブランド野菜」に選ばれた商品を24時間手に取ることができる。

 野菜が描かれたデザインを施した自動販売機では、道の駅で取り扱う約60品目を仕入れ状況に合わせて用意。バウムクーヘンや柿、オクラといった菓子や農産物のほか、甘酒や漬物のもと、箱入り菓子など多彩なラインアップをそろえた。

 非対面や接触機会の削減といった新型コロナウイルス対策を踏まえた購入環境の確保や販売時間の延長、施設利用者への商品PRに役立てようと企画した。

 同町農林課の担当者は「コロナ禍での買い物の一つとして、人の目に留まり、特産品のPRにつながれば」と話した。