岐阜県と岐阜市は7日、県内36市町で新たに466人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新規感染者は前週の火曜日(5月31日)と比べて158人減少した。前週の同じ曜日を下回るのは15日連続。感染者は累計10万2600人となった。

 新たに公表したクラスター(感染者集団)はなかった。拡大したクラスターは9件。このうち、幼稚園では可児市で6人増えて計96人、各務原市では8人の感染が分かり計72人となった。

 直近1週間の新規感染者数の平均は372・29人で、人口10万人当たりの新規感染者数は131・70人。6日時点の病床使用率は26・6%で、宿泊療養施設の入所者は379人。自宅療養者は1991人となった。