岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


中部初、不登校特高校を新設へ 西濃学園が来春開校目指す



 岐阜県揖斐川町で不登校の生徒らを受け入れる中学校を運営する学校法人「西濃学園」(同町)が、全日制の「西濃学園高校」(仮称)を新設する準備を進めていることが9日、学園への取材で分かった。中学と同様、文部科学相の指定で特別な教育課程を編成できる不登校特例校とする計画で、来春の開校を目指して近く県に申請する。高校の不登校特例校は中部で初めてになるという。

 定員は1学年25人で、寮から通学する。中学までの復習やコミュニケーションの授業を設け、地域活動への参加も取り入れる。通学が難しくなった生徒には、卒業に必要な科目を通信課程で履修できるようにする。

 生徒は県外からも受け入れる。学園は高校生を対象にした通信制の星槎国際高校(札幌市)の卒業資格が得られる技能連携校「西濃学園 久瀬校」を運営しているが、高校の新設に合わせて廃止し、生徒は新設校へ編入する。

カテゴリ: 教育




関連記事