岐阜県と岐阜市は23日、県内40市町などで新たに2110人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数では、20日の2594人に次いで過去2番目に多かった。土曜日としては過去最多。県内の感染者数は累計12万9625人となった。

 新規感染者のうち30代以下が全体の約6割を占めるなど、若年層への感染が依然として続いている。

 新たに公表されたクラスター(感染者集団)はなかったが、10件が拡大した。このうち、岐阜市の保育施設関連では、園児の家族3人の陽性が判明し、169人に。郡上市の医療機関関連でも4人増えて計52人になった。各務原市の幼稚園、恵那市と揖斐郡池田町の小学校関連の三つのクラスターは終息した。

 22日時点の病床使用率は32・8%。自宅療養者は744人増えて8456人となった。宿泊療養施設の入所者は880人。