さまざまな高山植物が咲き誇る花畑=高山市丹生川町、乗鞍岳畳平

 北アルプスの乗鞍岳を走る乗鞍スカイライン終点の畳平(岐阜県高山市丹生川町、標高2702メートル)で高山植物が花を咲かせ、登山者らを癒やしている。

 乗鞍岳一帯には約50種の高山植物が自生する。乗鞍自然観光案内所によると、開花は例年並みで、梅雨に雨が少なかったことから場所によって雪解けの状態に差があり、長く花が楽しめそう。花畑では、白色のハクサンイチゲや黄色のミヤマキンポウゲ、ミヤマキンバイが斜面一帯に広がり、クロユリやミヤマオダマキもひっそりと花を咲かせている。訪れた人たちは散策の足を止め、写真に収めていた。