輸入車「MINI」の正規ディーラーのケイエムコーポレーションは13日、1964年のモンテカルロ・ラリーを制したMINIクーパーSのレプリカの特別展示を、岐阜市西島町のMINI岐阜で始めた=写真=。同店では17日まで、MINI多治見(多治見市若松町)では20~24日の日程で開く。

 同ラリーは11年初開催の伝統あるレースで、60年代にMINIクーパーは3度総合優勝した。名車の存在を知ってもらい、MINIが誇るものづくりのこだわりを感じてもらおうと企画した。

 赤い車体でゼッケンの37番がひときわ目立つほか、内装はスピードメーターなどの計器が中央寄りで、独特の雰囲気を醸し出している。展示期間に合わせ、ジョンクーパーワークス(JCW)の体感試乗会も完全予約制で行っている。