J3FC岐阜は22日、J2長崎からDFレアンドロ・フレイレ・デ・アラウージョ(32)=写真右=とFW畑潤基(27)=同左=が完全移籍で加入すると発表した。

 ブラジル出身のフレイレは、2017年にJ1清水に加入。J1湘南を経て20年から長崎でプレーし、今季はリーグ戦12試合に出場した。187センチの長身とスピードが強み。畑は今季、期限付き移籍したJ2栃木でリーグ戦30試合に出場して3得点。

 フレイレは「チームの目標を達成できるように頑張る」、畑は「自分の力をこのチームのために使いたい」とクラブを通じてコメントした。

 また、すでに契約満了になっていたFW粟飯原尚平(25)が来季J2の熊本に完全移籍することも発表された。