バイクや自然への思いを語る三好礼子さん
ダカールラリー初完走のバイクを前に当時を振り返る三好礼子さん(右)と杉山涼子社主=いずれも長野県松本市七嵐、ペレファ・カフェ
杉山涼子岐阜新聞社社主

 世界一過酷なレースともいわれる「パリ・ダカールラリー」(パリダカ)に参戦し、二輪の女性クラスで優勝するなど、女性のモータースポーツの先駆者である三好礼子さん。オートバイツーリングやトレイルラン、農業やカフェ経営などを通じた自然生活の実践にも力を注ぐ。人生を満喫するエネルギッシュな三好さんと、杉山涼子岐阜新聞社社主・代表取締役が対談し、コロナ禍でも明るく前向きに生きるヒントを探った。

 

◆二輪はシンプル〝人間に近い〟

 杉山 バイクに乗ろうと思ったきっかけは。

 三好 高校生の時、乗せてもらう機会があったのがバイクとの出合いです。「この乗り物があればどこにでも行ける」と思い、すぐに免許を取りました。

 杉山 二輪の良さ、魅力とは。

 三好 馬に乗るように風を受けて走る気持ちよさ。あと、自分でコントロールして進み続けていないと倒れてしまう。シンプルで“人間に近い”ことも理由です。

 杉山 若い時にバイクで日本一周をされました。

 三好 高校卒業後、新聞原稿をバイクで輸送する仕事をしていましたが、「女は駄目だ」と会社をクビになりました。でもめげない。お金はないが時間とバイクはある、世界一周は無理だけど日本一周なら行ける、と。バイク雑誌「ミスター・バイク」の提案もあって、旅行記を連載しました。ジャーナリストになるのも夢だったんです!

 杉山 バイクに女の子が乗っているだけでも珍しい時代。大変でしたか。

 三好 全然! 悪いことがないわけではなかったけれど、それを上回るいいことがたくさんありました。

 

◆「パリダカ」参戦〝止まり放題〟

 杉山 国際ラリーでのご活躍について聞かせてください。

 三好 最初は29歳でエジプトの「ファラオラリー」に、二輪で出場しました。手塚治虫先生の「ジャングル大帝」のイメージがあった「あのアフリカ」に行けることがまずうれしかった。

 1991年、2回目の「パリダカ」で、砂嵐の中で助けを求めてきた選手をやり過ごしてしまったことがありました。そのことを5年間悩みました。本当にやりたかったことは何だろうと考えたら、困っている人を助けたかったんだと。その次、大会に出た時は“止まりたい放題”にしました。トラブルで止まっている選手を見つけたら「大丈夫?」って声を掛けて。逆に「いいから行きなさい!」って言われるくらい。何十回も止まりました。ところがゴール直前、自分が大転倒したんです。負傷してテントで寝ていたら、私が声を掛けた選手みんなが心配して来てくれた。レースであってレースじゃないんだと実感しました。

 杉山 山道を走破するトレイルランもなさっていますね。

 三好 国内外の大会に年間30回出た年もありました。いつもやり過ぎてしまって。

 杉山 ごみ拾い活動も相当すごいと聞きます。三好さんの周囲からごみがなくなってしまうとか。

 三好 富士山麓を一周する「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」の実行委員だった時、全160キロのコースのうち3分の1、50キロが自分の担当で、結構汚れていました。歩きながらコースのごみを全部拾いました。1年で軽トラック数十台分。みんながびっくりするほどとことんやるのですが、ごみ拾いは大好きなんです。

 

◆混とん受け入れ生まれ変わる

 杉山 いろんなことを楽しんでいるのが伝わってきます。自然あふれる生活を目指して、ここ、長野県松本市に移住されたのですか。

 三好 今は飼っていないのですが、ヤギを放牧してヤギチーズを作るために移りました。家やカフェを開ける建物が偶然見つかって。アルプスの山並みが見えて、東山道と善光寺街道が近くにあって、いい場所です。

 杉山 カフェ経営にコロナの影響は。

 三好 県外のお客さんの入店をお断りしていた時期は、何度も断っていたらそれが苦しくて、胃を悪くして倒れてしまいました。でも、店を休みにした時期は「敷地の草刈りができる!」と、むしろ前向きに過ごせました。

 杉山 カフェには、三好さんのパワーが充満しているようです。店に来るお客さんは、元気をもらおうと、吸い寄せられてくるのではないですか。

 三好 生きづらくなっていた人が元気になってくれたらうれしいですね。大丈夫、生きていることがすごいんだからと。私は子どもの頃、幸せな時間もあったのだけれど、家庭内暴力を経験しました。それを乗り越えながらの人生。両親の最期では、普通ではない経験をしました。姉妹で葬儀をして、火葬場へ運んで、自宅で粉骨して、海に散骨しました。不思議なくらい感謝しかなくて。ネーティブアメリカンの考え方に「生まれ変わり」があります。混とんを受け入れて、手放して、生まれ変わるんです。

 杉山 芯はぶれないけれど、変化は自在にしていくという。

 三好 新年はまさに生まれ変わるチャンスだと思います。

 杉山 自然に寄り添い、人と支え合うというのが三好さん流の考え方ですね。岐阜新聞は昨年7月、国連の持続可能な開発目標の達成を進めようと「SDGs宣言」をしましたが、そこにつながるヒントもたくさん頂いたように思います。いろいろなお話、ありがとうございました。

(岐阜新聞Webに動画)

 

 みよし・れいこ 元国際ラリースト、エッセイスト。1957年東京都生まれ。18歳でバイクで全国を巡り、雑誌に「日本一周乙女の独り旅」(現在電子書籍化)を連載。29歳から「パリ・ダカール」などの砂漠のラリーに、二輪や四輪で多数出場。39歳でパリダカを二輪で初完走、女性クラス優勝。95年、富士山麓の朝霧高原に移り住み、アイガモ農法による米作りなどに挑戦。2011年、モンブラン山群100マイル(約160キロ)を走る「UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)」を完走。13年、長野県松本市の山間の集落に移住。自然素材メニューをそろえた「ペレファ・カフェ」を夫と営む。