セアカゴケグモ(県提供)

 岐阜県は11日、各務原市前渡西町の各務原浄化センターで、特定外来生物のセアカゴケグモの成体3匹と卵数個が見つかったと発表した。既に駆除され、人がかまれるなどの被害は確認されていない。

 県によると、施設を管理する県浄水事業公社の職員が10日に同センターのテニスコートのフェンスで成体を発見し、岐阜地域環境室で鑑定した結果、セアカゴケグモと判明した。

 県は発見場所周辺に殺虫剤を散布し、注意を呼び掛ける看板を設置した。