前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、大気の状態が不安定になり、岐阜県内各地で12日、雨が降った。13日は昼前から夜にかけて局地的に雷を伴った激しい雨の降る所がある見込み。15日にかけて大雨が続く恐れがあり、岐阜地方気象台は土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、13日に予想される1時間雨量は、いずれも多い所で美濃、飛騨地方とも50ミリ。13日午後6時までの24時間雨量は、両地方とも200ミリ、14日午後6時までの24時間雨量は、両地方とも200~300ミリを見込み、その後も総雨量は増える見通し。

 大雨の影響でJR東海は12日、13日に運行を予定した名古屋と金沢を結ぶ特急「しらさぎ」の上下線計10本と、名古屋と高山、富山を結ぶ特急「ワイドビューひだ」の上下線計11本の運休を決めた。