ヴェルスパ大分との練習試合で、ボールを追うFC岐阜の柏木(42)=19日、宮崎市内

 J3FC岐阜のMF柏木が21日、キャンプ地の宮崎からオンライン取材に応じて、チーム力への手応えを示した。百戦錬磨の司令塔は「選手たちがフィールドの中で自分たちをしっかり表現できていて、みんながつながれる瞬間がとても多い」と明かした。

 始動から1カ月。「ここ何年かで一番いいと思うぐらいコンディションはいい」。昨年3月に、J1浦和から加入した元日本代表の34歳。昨季、安間前監督の下でプレーし「フィジカル面、走る部分はこの年になってさらに強化された」とうなずく。「オフの(体の)つくり方も年々、いろいろ考えてできているのと、安間さんのおかげでメンタル的にもフィジカル的にもいろいろと強くなれた」

 三浦新監督は主導権を握るサッカーを掲げる。「ボールを自分たちが保持していくが、ベースとしてはハイプレッシングで高い位置でボールを取って、点につなげていくのが一番いい。(ボールを)取った後やつなぐときの距離感をすごく大事にしている」と新スタイルを説明。開幕は3月12日。まだ準備期間は十分にあり「ここからチームとしてより明確な守備、攻撃を出していける」と語った。

 浦和で苦楽を共にしてきたMF宇賀神が新加入した。「心からこのチームを強くする思いで来てくれている。心強いし、姿勢が若い選手に大きな影響をもたらしてくれる」と信頼を寄せる。柏木自身も練習試合のハーフタイムに仲間に助言し、ランニングでは先頭で走る。J2昇格はもちろん、強いチームへの礎を築きたい今季。「みんなが育っていくためのステップアップに僕らを使ってほしい」。手本であり続ける。