人材・スキルマーケットのウェブサイト=美濃加茂市加茂野町鷹之巣、花井金型製作所

 プラスチック部品の金型設計・製作の花井金型製作所(岐阜県美濃加茂市加茂野町鷹之巣、花井秀和社長)は、製造業でのスキルを活用して副業を始めようとする職人と、一般消費者や企業をマッチングするウェブサービス「monozuku(モノヅク)」を立ち上げた。高い技術や経験を持つ職人と、小ロットの加工や試作を求める人を仲介する。3カ月以内に製造業者などのサイト登録数20件を目指す。

 サービスには、技術を「売りたい企業」「売りたい個人」が登録できる。金属を精密に加工できる職人が、一般消費者が希望するオリジナルのランプシェードやレリーフなどを1品だけ副業で製造したり、企業が高度な試作品を作るニーズを想定している。

 ウェブサイトは2カ月前に立ち上げ、先月からサービスの実証実験をスタートした。サイト上にはスキルやナレッジ(情報、知見)など四つのコンテンツを設け、職人の技術や商品などを詳細に掲載することで、買い手側が頼みたい相手を直接探すことができる。

 実証実験中はサイト上での決済機能はなく「Lancers(ランサーズ)」など既存のスキルマーケットに委ねるが、実証実験後には機能を付加し、販売手数料により収益を確保する計画。担当する花井幸平総務企画部長は「職人が副業に乗り出す心理的なハードルを下げられるようにしたい」と語った。