岐阜県地方競馬組合は29日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が30日で解除されることに伴い、笠松競馬場(羽島郡笠松町)で10月5~8日に行う第3回開催は観客を入れて実施すると発表した。

 同競馬は、所属する騎手や調教師らによる馬券の不正購入や所得税の申告漏れなど一連の不祥事により、今年1月から開催を自粛。今月8日に約8カ月ぶりにレースを再開したが、緊急事態宣言が発令されていたため、第1回と第2回開催は無観客で行った。有観客での開催は1月12日以来。