松本有史スカウトから指名あいさつを受ける坂田怜(右)=中部学院大

 広島から育成ドラフト4位で指名を受けた中部学院大の坂田怜投手が20日、岐阜県関市の同大で田村恵スカウト部課長、東海地区担当の松本有史スカウトから指名あいさつを受けた。ナックルが武器の坂田は「日本人のナックルボーラーは成功しないとよくいわれているので、覆せるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 大学3年からナックルを覚え、スカウトの目に留まった。松本スカウトは「投げるたびに制球、落差が増している。日本のプロ野球でナックルを投げる投手はいないので、先発して抑えてもらいたい」と期待を込めた。

 坂田は「少しずつプロの実感が湧いた」と心境を語り、「広島は若い選手が多く、はつらつとした印象。負けないようにプレーしたい」と意欲を燃やした。