県岐阜商業高校(岐阜市則武)の硬式野球部が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、県が学校の部活動の原則休止を要請していた9月1日に練習をして、部員がけがをしていたことが26日、分かった。県教育委員会は「感染対策の観点から少しおかしい。他の部活動が休止している中で練習するのはどうなのか」と指摘している。

 県や学校によると、部員約20人が、個人が所有する美濃市内の室内練習場で練習した。打撃マシンにボールを投入していた1年生の男子部員の前頭部に防球ネットをすり抜けた打球が直撃したという。練習場にいた顧問の教員の判断で、別の部員の保護者の自家用車で県内の病院に搬送し、10日間入院した。現在は練習に復帰しているという。

 練習は鍛治舎巧監督の指示で、監督自身は岐阜市内の同校の室内練習場で部員8人の投球練習を見ていたという。県は当時、2週間以内に上位大会につながる大会がある部活動については活動を認めていたが、同部が出場する秋季県高校野球大会は開催を延期しており、練習を認める対象ではなかった。

 村山義広校長は「ルールにのっとった形でやらないといけなかった。周知、徹底できなかったのは私のミス。今後は再発防止に努めたい」と話した。