3日にオープンするブルーシールアイスクリーム公式店=岐阜市西材木町

 沖縄県発の「ブルーシールアイスクリーム」の公式店が3日、岐阜市西材木町にオープンする。県内初の公式店で、7日まで、シングルアイスの注文でダブルが食べられるなどの開店キャンペーンが行われる。2日に関係者向けの内覧会があった。

 ウエディングやレストラン事業を手掛けるエルフラット(岐阜市菅生、大平満社長)が、フランチャイズ契約。同社運営の複合商業施設ナガラガワフレーバー内に「ブルーシール岐阜ナガラガワフレーバー店」としてオープンする。ブルーシールを展開するフォーモストブルーシール(沖縄県)店舗運営部の松村健司部長=多治見市出身=によると、岐阜市の新店は東海地方では愛知県の3店に続く4店目。

 県内の大学には沖縄出身の学生も多く、松村部長は「沖縄県と岐阜県の懸け橋になれば」と話し、沖縄好きという大平社長は「岐阜で沖縄を感じてもらいたい」と話していた。県内では一部にブルーシールアイスを扱っている店舗もあるが、公式店としては初めて。フォーモストブルーシールは、今後も県内での出店を考えていきたいとしている。