女子1000メートルを制した原ひより=県クリスタルパーク恵那スケート場

 スピードスケートの岐阜県高校総体兼全国総体県予選最終日は4日、県クリスタルパーク恵那スケート場で男女計5種目を行い、女子1000メートルは原ひより(恵那農)が1分29秒04で制し、3連覇した。

 男子1000メートルは細井勇大(中京)が1分21秒78で、同5000メートルは鈴木義人(中京)が7分46秒05で優勝。同2000メートルリレーは中京が勝ち、女子3000メートルは1人のみの出場となった冨成美姫(恵那農)が5分49秒80だった。学校対抗は男子が中京、女子は恵那農が優勝した。

 全国総体(来年1月18~21日・YSアリーナ八戸)には各種目上位6選手のうち、基準タイムをクリアした選手が出場する。

 【男子】▽1000メートル ①細井勇大(中京)1分21秒78②大窪優太(中津商)③田口陽基(恵那農)④八木亮人(中京)⑤安部創二朗(中津商)⑥安藤連音(恵那南)▽5000メートル ①鈴木義人(中京)7分46秒05②原田海聞(恵那農)③小山大和(中津商)▽2000メートルリレー ①中京(細井、大矢、鈴木、八木)3分13秒23②恵那南(伊藤、服部、水野、安藤)▽学校対抗 ①中京37点②中津商27点③恵那農16点④恵那南15点

 【女子】▽1000メートル ①原ひより(恵那農)1分29秒04②伊藤愛(同)③菱川麻有(中京)▽3000メートル ①冨成美姫(恵那農)5分49秒80▽学校対抗 ①恵那農23点②中京9点