アパパネとアーモンドアイの「三冠牝馬」2頭を育てたJRAの国枝栄調教師。故郷である岐阜県北方町への帰省に合わせ、岐阜新聞社でインタビューに応じた。2回に分けてお届けするインタビュー後編では、笠松競馬のスターホース・オグリキャップの思い出や、悲願である日本ダービー制覇への決意、通算1000勝が目前に迫った調教師人生での出会いなどを語る。

 

特に、インタビュー収録翌日の「阪神ジュベナイルフィリーズ」に出走を控えたサークルオブライフについて、「十分に勝てる」と手応えを語った通り、同馬が見事に勝利する「有言実行」ぶりを見せた。

 

↓アーモンドアイや地方競馬について語った「インタビュー前編」はこちら↓