タイブレーク延長の末に米国にサヨナラ勝ちし、決勝打を放った甲斐(中央)と喜ぶ日本ナイン=横浜スタジアム

 東京五輪の野球で、予選リーグ・グループAを1位通過した日本は2日、トーナメント初戦でグループBで1位の米国と対戦し、7―6のサヨナラ勝ちを収めた。4日に行われる準決勝に進出する。

 日本は三回、吉田のタイムリーで先制。同点で迎えた五回、3番手青柳が3点本塁打を打たれ3点差に。すぐさま鈴木のソロ本塁打などで2点を返すと、九回に同点に追いつき、延長十回、タイブレークに突入。米国の攻撃をしのいだ裏の攻撃で、日本は代打の栗原が犠打で1死二、三塁の好機をつくると、甲斐のサヨナラ打で劇的な勝利を収めた。

 岐阜県勢の菊池涼介(中京学院大出)は7番セカンドでスタメン出場。5打数1安打だった。

 ↓ 野球日本代表の菊池涼介の軌跡はこちら ↓

■野球五輪代表24人内定「黄金布陣」(2021年6月掲載)

■菊池涼、広島残留(2019年12月掲載)

■プロ初、サヨナラ弾(2015年5月掲載)

■菊池、石原らコイ5発 打線爆発で3連勝(2014年4月掲載)

■「カープで活躍」誓う(2011年11月掲載)

■ドラフト2位 「広島に行きます」宣言(2011年10月掲載)

■中京院大が今季初勝利 東海大学野球 秋季岐阜リーグ(2011年9月掲載)

■中京院大はあと1点届かず 東海大学野球春季岐阜リーグ(2011年5月掲載)

■八回に決勝満塁弾 東海大学野球秋季岐阜リーグ(2009年9月掲載)