「個性豊かな和紙を見てもらえたら」と話す瀬下加緒里店長=美濃市本住町、Washi-nary

 岐阜県美濃市本住町の美濃和紙専門店「Washi―nary(ワシナリー)」が、31日までオンラインでの美濃和紙フェア「わしまるけ」を開催している。市内の手すき和紙の職人らから仕入れた個性あふれる和紙を取り扱っている。

 美濃和紙の販路拡大の一環で、県の地域消費喚起事業の補助を受けて実施。手すき、機械すきの和紙や小物雑貨など、100点以上の商品をそろえる。

 藍染めの和紙や、クレイ(粘土)や麻炭を取り入れた和紙など、在庫限りの限定商品も販売する。店長の瀬下加緒里さんは「各工房の個性が光る和紙ばかり。コロナ禍では店に来られない人もいるので、オンラインで品定めしてほしい」と利用を呼び掛けている。