2階を改装して開設したショールーム=岐阜市清住町、ストロベリーフィールズ

 生花販売のストロベリーフィールズ(岐阜市清住町、秋山直人社長)は、同所の店舗2階を改装し、ショールームと撮影スタジオを開設した。ホームページをリニューアルしてネット販売ページを作り、対面とネットの両面で販売を強化した。

 所有する3階建てビルの1階に店を構えている。2、3階に入居していた学習塾がコロナ禍で撤退したのを機に2階を改装。約300万円かけて、60平方メートルのショールームと13平方メートルの撮影スタジオを設けた。ソファなどの家具を置いて住居空間を演出し、来店客に自宅で花を飾るイメージをつかんでもらうのが目的。スタジオは、ネット販売ページで使用する写真の撮影に活用する。

 今後はネット販売を全体の売り上げの3割以上に伸ばしたい考えで、電子商取引(EC)の自社サイトの立ち上げを計画する。秋山社長は「新型コロナウイルス収束後には、ショールームにカフェを併設したい」と話している。