風にそよぐネモフィラが美しい花畑=美濃市下河和、洲原地域ふれあいセンター前

 岐阜県美濃市下河和の洲原地域ふれあいセンター前で、ネモフィラ畑が見頃を迎えている。風にそよぐ青色のかれんな花が来場者の心を和ませている。

 花畑は地元有志でつくる「元気モリモリ洲原村」が整備。年間を通じて、ヒマワリ、コスモス、菜の花を栽培し、地域のにぎわい創出に一役買っている。

 ネモフィラ畑は約400平方メートル、約1万株を植栽。3月末ごろから咲き始め、今月に入って本格的に開花した。7日時点で五分咲きで、今週末にも満開に近づきそうだという。

 今年は来場者の要望を受け、一部に黄色のチューリップを植え、青と黄色のコントラストが楽しめる。畑にはハンギングチェアや手作りのベンチなど、撮影スポットも用意している。

 兄弟、友人の4人で訪れた来場者は「地元の自慢のスポットで、よく遊びに来ている。花が増えてきれい」と話した。協力金100円で開花したネモフィラのポットを持ち帰ることができる。