GIFUNITEが発足し、岐阜城をバックに記念撮影する加盟チームの代表選手たち=26日午後、岐阜市の金華山

 岐阜県内に拠点を置くトップスポーツ団体による「GIFUトップチームUNITE(ユナイト)」が26日、発足した。略称はGIFUNITE(ギフユナイト)。サッカーJ3のFC岐阜、バスケットボールB3の岐阜スゥープス、ソフトボール女子JDリーグの大垣ミナモSCなど9競技13チームが連携して、地域活性化やスポーツ人口の拡大を目指す。岐阜市の金華山山頂に各チームの選手代表らが一堂に会して、スポーツの魅力発信へ、意気を上げた。

 

 プロリーグや日本リーグなどに参戦しているチームが参画。ホッケー女子のソニーHC、バレーボール女子のJAぎふリオレーナ、ハンドボール女子の飛騨高山ブラックブルズ岐阜、卓球女子の十六銀行なども加わった。事務局は県スポーツ協会に設置する。

 金華山山頂の信長テラスで設立総会を開き、事業計画と予算案などを承認した。「する、観る、支える」をキーワードに取り組みを展開し、複数の競技を体験できる催しや小学校の体育の授業への参加、交流サイト(SNS)での一括した情報発信などを予定している。各チーム同士で情報交換や共有も行う。

 幹事長に就いた県スポーツ協会の増田和伯専務理事は「コロナ禍でスポーツ活動も制限されているが、こういう時だからこそ、スポーツで県民を元気にしたい」とあいさつした。

 ロゴマークも発表した。岐阜の「G」とUNITE(団結)の「U」、友愛を表すハートを組み合わせ、頂上を目指そうと山を上から見たようなデザインとした。