横山悟氏

 バローホールディングスは12日、田代正美会長兼社長(74)が、会長兼最高経営責任者(CEO)に就き、社長に横山悟副社長(66)が昇格する6月30日付のトップ人事を発表した。社長交代は28年ぶり。田代氏が経営の責任、横山氏が執行責任者を担う強固な経営体制とし、さらなる成長と企業価値向上を図る。

 横山氏は岐阜市出身。日本大文理学部卒業後、1994年に入社。グループ会社でスーパーを展開するタチヤ会長、スポーツクラブ運営のアクトス社長などを歴任した。2018年4月から、バローHDの副社長を務める。

 バロー創業者の故伊藤喜美氏の娘婿の田代氏はバローHDの社長就任以降、店舗網の拡大を推進。生鮮強化の店舗経営やグループ会社の拡大にも注力し、7千億円を超える売り上げ規模までグループを成長させた。