立憲民主党県連常任幹事会の冒頭であいさつする渡辺嘉山代表=15日午後、岐阜市薮田南、OKBふれあい会館

 立憲民主党岐阜県連は15日、夏の参院選岐阜選挙区(改選数1)で国民民主党公認の立候補予定者に対して、党として組織的に推薦や支持を見送ることを決めた。元参院議員で前立民県連常任顧問の山下八洲夫容疑者が詐欺などの疑いで逮捕、送検された影響による対応で、党員が個人的に立候補予定者を応援することは了承した。

 15日に岐阜市内で開かれた常任幹事会で方針を決めた。会合後、報道陣の取材に応じた渡辺嘉山代表は「県連として山下氏を速やかに処分したが、候補者の足を引っ張ることのないように、少しでもプラスになれば」と説明。党本部には候補者に対して推薦するよう調整していたが、取り下げる方針も示した。

 立民県連はこれまで、国民県連と連合岐阜の3組織で候補者擁立を調整し、国民公認の新人候補者で一本化する方針を既に決めている。国民県連と連合岐阜が立ち上げた総合選対本部には加わらないが、岐阜1~5区の地区選対本部には党員や議員が参加し、候補者を支援することも確認した。

 渡辺代表は「岐阜県では今後も3組織で良好な関係を維持していきたい」と述べた。