岐阜県と岐阜市は20日、県内38市町などで新たに計634人の新型コロナウイルス感染と、入院していた関市の70代男性の死亡を確認したと発表した。感染者は累計9万4740人、死者は計327人となった。

 新規感染者は前週の金曜日(13日)から24人増加した。4日連続で前の週の同じ曜日を上回っている。

 クラスター(感染者集団)の新たな公表はなかった。拡大したクラスターは6件。このうち、恵那市のこども園関連では4人増えて計70人となった。

 直近1週間の新規感染者数の平均は576・14人、人口10万人当たりの新規感染者数は203・82人。19日時点の病床使用率は28・3%、宿泊療養施設の入所者は706人。自宅療養者は2986人となった。