岐阜県関市は20日、新型コロナウイルスワクチンを3回接種した市内の70代男性が、市内の医療機関で誤って4回目の接種を受けたと発表した。健康被害は出ていないという。

 市によると、男性は3回目の接種券を紛失し、今年2月に再発行を申請して3回目接種を受けた。その後に紛失した接種券を見つけたため、未接種だと勘違いして今月18日に医療機関で再び接種した。市担当者が、接種歴を登録するワクチン接種記録システムで誤接種に気付いた。

 市の担当者は「再発行の申請者には、紛失した接種券が見つかっても破棄してほしいと引き続き周知したい」と話している。