岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


東海地方が梅雨入り 平年より21日早く



小雨の中、傘を差して古い町並みを歩く人たち=16日午前10時42分、高山市上三之町
小雨の中、傘を差して古い町並みを歩く人たち=16日午前10時42分、高山市上三之町

 名古屋地方気象台は16日、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表した。1951年の統計開始から2番目に早く、平年(6月6日ごろ)より21日、昨年(6月10日ごろ)より25日それぞれ早かった。

 岐阜地方気象台によると、日本海にある梅雨前線や湿った空気の影響で東海地方は曇りや雨になっており、向こう1週間程度は雨や曇りの日が多い見込み。

 東海地方の梅雨入りの最速は、1963年の5月4日ごろ。

カテゴリ: 社会




関連記事