岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


青色キノコ「ソライロタケ」見つけた!岐阜市に続き美濃市でも 



美濃市の誕生山の中腹で見つかったソライロタケ(坂井紀代美さん提供)
美濃市の誕生山の中腹で見つかったソライロタケ(坂井紀代美さん提供)

 岐阜県美濃市極楽寺の誕生山(502メートル)で、珍しい青色のキノコ「ソライロタケ」が見つかった。発見したのは、大垣市の坂井紀代美さん(51)。先月26日付の本紙で、岐阜市の百々ケ峰でソライロタケが見つかった記事を読んだのがきっかけで知ったという。無料通信アプリLINE(ライン)で読者とつながる「岐阜新聞あなた発!トクダネ取材班」に情報を寄せた。

 坂井さんは、写真共有アプリ「インスタグラム」を見て誕生山を知り、今月12日朝、夫(55)と登山に出掛けた。中腹の登山道の脇道で青色のキノコを見つけた。「先日見た記事と同じキノコでは」と思い、撮影した。「青色は珍しいのですぐに目についた」と話した。

 森林インストラクターで「きのこアドバイザー」の資格を持つ川尻秀樹さん(美濃市)によると、ソライロタケはイッポンシメジ科で食毒は不明。「今年は初夏の長雨など気候の変化に伴い土壌の水分量も例年と異なり、その条件が合ったキノコが出た可能性がある」と話した。

 誕生山はマツタケ山のため、27日から11月14日までは入山禁止。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース