東康弘氏

 任期満了(9月3日)に伴う岐阜県高山市長選(8月21日告示、28日投開票)に、新人で会社員の東康弘氏(58)=東京都小平市=が12日、無所属で出馬する意向を固めた。近く正式表明する。

 高山市長選では、現職の國島芳明氏(72)=3期目=が6月に不出馬を表明。出馬の意向を示したのは東氏が初めて。ほかに複数の新人が立候補を模索する動きがある。

 東氏は高山市出身。斐太高校、東大、東大院を卒業後、1990年にNTT入社。2018年からは国が全額出資する特殊会社の中間貯蔵・環境安全事業(東京都)で、福島県の放射性物質を取り除く際に生じた土壌などの中間貯蔵事業に携わっている。

 東氏は取材に「故郷に恩返しがしたいとの思いで決意した。人口減に歯止めをかけたい」と語った。