関ケ原の戦いで小早川秀秋が1万5千の大軍を率いて布陣した松尾山。主郭跡には土塁や切岸などの痕跡が残る=不破郡関ケ原町(小型無人機より)

 岐阜県不破郡関ケ原町の南西にそびえる松尾山は、1600年の「関ケ原の戦い」で小早川秀秋が布陣した地。標高293メートルの山頂一帯には、複数の曲輪(くるわ)や堀の遺構が残り、ただの陣所ではなく、山城だったことを物語っている。

 築城時期は不明だが、古くは1570年に浅井長政が近江と美濃の国境の要として配下を置いた史料が残る。関ケ原の戦いを控えた石田三成は、大垣城主伊藤盛正に命じて松尾山城を改修させたという。

 現在、南北に登山口があるが、合戦気分で古戦場側の北口から"攻略"に向かった。しかし登山道はアップダウンが続き、息も絶え絶え。40分ほど登ると、北東の曲輪跡に到着した。尾根線に沿って平場が築かれ、両側には土塁が張り巡らされている。

 さらに登ると、頭上に主郭跡が見えてくる。北側には竪堀、北西側には空堀と敵の勢いを止める「喰(くい)違い土塁」を備え、見上げれば絶壁の切岸で、守りに抜かりはない。関ケ原の戦いでは北東に東軍、北北西の麓に西軍大谷吉継の陣があった。

 主郭跡は、四周に高さ1メートルほどの土塁が盛られ、南側には桝形虎口(ますがたこぐち)。入念な防御機能は、大規模な戦いへの備えをうかがわせる。古戦場を見渡すと、笹尾山の石田三成陣跡、決戦地の碑、岡山の東軍黒田長政の陣跡に立つのぼり旗が目視できる。視界の端には徳川家康が陣を構えた桃配山も。正面に西軍、右手に東軍、合戦当日は両軍の形勢が良く見えただろう。

 秀秋は合戦前日、伊藤盛正を追い出すかたちで松尾山に布陣したという。彼の寝返りが東軍勝利を決定づけた。最初から西軍の側面を突くつもりで選んだ地だったのか、ここから戦況を眺めながら東軍加勢を決めたのか―。421年前の10月21日(旧暦9月15日)、10代の若き武将が見つめた光景に思いを巡らせた。