優しい光を放つ美濃和紙のあかりアート作品=10日午後6時23分、美濃市加治屋町
優しい光を放つ美濃和紙のあかりアート作品=10日午後5時49分、美濃市本住町

 第28回美濃和紙あかりアート展(実行委員会、美濃市観光協会主催、岐阜新聞社 岐阜放送など後援)が、美濃市のうだつの上がる町並みで開かれており、温かみある和紙の作品141点が来場者の心を和ませている。23日まで。

 台風や新型コロナウイルスの影響で、うだつの上がる町並みでの展示は3年ぶり。例年2日間の日程だが、今回は来場者の分散を図るため、会期を2週間に設定。作品も間隔を置いて並べている。全作品をアクリルケースに入れて展示し、雨でも楽しめるほか、各所に写真映えする場所も設けた。

 初日の10日は時折、雨が降ったものの、家族連れらがゆっくりと町を巡り鑑賞していた。家族で訪れた会社員の女性(40)=名古屋市=は「初めて来た。和紙でこんな表現ができるなんてすごい」と楽しんでいた。23日までは連日午後5時から同9時まで点灯する。