岐阜県は15日から、県観光連盟や県旅行業協会と連携し、県民向け県内旅行の割引キャンペーン「ほっと一息、ぎふの旅」(第2弾)を始めた。1人5千円を上限に代金の半額を補助する。新型コロナウイルスの影響を受けた県内観光業を支援する。11月30日まで。

 県旅行業協会などに加盟する中小旅行会社で期間中、県内の宿泊・日帰り旅行を割引販売する。旅行期間は15日出発~11月30日帰着(宿泊は12月1日チェックアウトを含む)。予約上限は約3万人の宿泊分で、販売数に到達次第終了する。JTBや近畿日本ツーリストなど大手旅行会社は18日~11月30日の期間で販売。いずれも準備ができた会社から順次始める。

 宿泊予約サイト「じゃらんnet」は20日、「楽天トラベル」は26日から、それぞれ宿泊料金の割引販売を実施する。予約上限は約4万人の宿泊分。

 さらに、新たにキャンペーンを利用した旅行者に旅行先の土産店や飲食店、観光施設などで使用できるポイントを付与する「ぎふ旅コイン」も実施する。ポイントは1人2千円分で、3連泊以上の場合はポイント6千円分が上限となる。

 県観光情報サイト「ぎふの旅ガイド」でキャンペーン特集ページを掲載するほか、ぎふ旅コイン特設ページを開設する。

◆「GoToイート」食事券20日再開

 飲食業界への支援策「Go To イート」のキャンペーン県事務局は15日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い停止していた食事券の販売を20日から再開すると発表した。対象は県内在住者に限定する。食事券は1万2500円分を1万円で購入でき、県内の加盟店約4500店舗で12月15日まで利用できる。食事券の購入は、1回の申し込みにつき2冊(2万円)まで。販売は電話が20日午前10時、ウェブサイトでは同日正午から受け付ける。

 事務局は、電話受け付けは混雑が予想されるため、ウェブサイトでの申し込みを呼び掛けている。ウェブサイトのURLはhttps://www.funity-rs.jp/gifu/、電話受け付けはキャンペーンコールセンター、電話(0570)075210。