藤井浩人氏

 任期満了(来年1月27日)に伴う岐阜県美濃加茂市長選(同1月16日告示、同23日投開票)で、汚職事件で事前収賄などの罪に問われ有罪が確定し、11月に再審請求した前市長の藤井浩人氏(37)=美濃加茂市蜂屋町=が9日、4選を目指して無所属で立候補する意向を固めた。市長選には現職の伊藤誠一氏(65)=同市西町、自民推薦=が、再選を目指して無所属での立候補を表明しており、選挙戦となる見通し。

 藤井氏は岐阜新聞社の取材に「多くの市民の声を聞く市政を実現したい。新庁舎整備事業は手法や場所を見直す必要がある」と語った。

 藤井氏は名古屋工大工学部卒。2010年に美濃加茂市議に初当選し、13年に当時の現職市長では全国最少年の28歳で美濃加茂市長に初当選した。市議時代に浄水設備導入を巡り現金を受け取ったとして事前収賄などの罪に問われ、一審名古屋地裁判決は無罪だったが、名古屋高裁は懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円を言い渡し、最高裁は上告を棄却した。11月、無罪を主張して名古屋高裁に再審を請求した。