【準々決勝】大垣日大が3番米津の2本の本塁打で優位に進め、再登板の山田の力投で猛追をかわし、逃げ切った。

【2024高校野球岐阜大会】特集ページはこちら!

 初回1死二塁から米津の左翼越え2ランで先制。二回にはスクイズと高川の左前適時打で2点を加えた。六回に米津が2本目となるソロを放った。

 先発山田は140キロ前後の直球を軸に攻め、矢野、権田の継投をはさみ、八回に再登板。1点差とされたが、粘り強く投げ抜いた。

 岐阜第一は四回、3長短打で2点を返し、八回にも阪口、永安の2本の適時二塁打で1点差に追い上げたが、3併殺など再三の逸機も響き、及ばなかった。