岐阜県は28日、部下に「給料泥棒」「なめたことを言っているとしばくぞ」などの発言を繰り返すパワーハラスメントをしたとして、商工労働部の課長級の男性職員(51)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

 県によると、男性職員は同部航空宇宙産業課長だった2020年4月から21年5月までの間に、部下の男性職員4人に対して、「分限免職ものだぞ」「給料泥棒」「てめえの立場をわきまえろ」などと発言した。このうち職員2人は体調不良で1、2カ月休職した。

 昨年9月に、県職員組合から人事課にパワハラの情報が寄せられ調査した。男性職員は今月27日付で航空宇宙産業課長から商工労働部付の課長級に異動した。

 県の聞き取り調査に男性職員は「仕事を優先しなければという思いの中でそのような発言をしてしまった。大変申し訳ない」と話した。パワハラの認識はなかったという。