感謝状を受け取る伊藤はるみさん=可児署

 家への帰り道が分からなくなった高齢者を保護したとして、岐阜県警可児署は、可児市広眺ケ丘の伊藤はるみさん(74)に署長感謝状を贈った。

 伊藤さんはウオーキングをしていた8日午後5時45分ごろ、同市広見の路上で、市内に住む70代の女性から「家に帰る道が分からなくなった」と話し掛けられた。携帯を持っていなかった伊藤さんは、女性から家の電話番号を聞き出して、近くのコンビニの電話で連絡を取ろうとしたが通じず、店員に女性を見てもらっている間に自宅に戻って車でコンビニに引き返し、可児署まで女性を連れていった。その後、無事家族に引き渡された。

 署で感謝状が渡され、伊藤さんは「無事に帰れて良かった。感謝状をもらえるなんて光栄」と話した。