岐阜県と岐阜市は10日、県内39市町などで新たに計930人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者が900人を超えるのは3日連続。また、重症者は40代1人が増えて7人となった。感染者の累計は3万7885人。

 県独自の基準指標は、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が305・50人、9日時点の病床使用率が53・6%、陽性率が30・8%。病床使用率は岐阜圏域と中濃圏域で6割を超えているという。

 自宅療養者は217人増の4394人、宿泊療養施設の入所者は33人増の611人となった。

 クラスター(感染者集団)は新たに4件を公表した。このうち瑞浪市の保育園では、園児と職員、園児の家族の計32人の感染を確認。恵那市の高齢者福祉施設では、利用者と職員ら計18人の感染が判明した。

 拡大したクラスターは19件。うち瑞浪市の障害者福祉施設関連は、入所者と職員の8人が増えて計78人となった。3件のクラスターは終息した。

 岐阜市は、園児1人が感染した児童発達支援センター市立恵光学園は10~16日に臨時休園する。土岐市は、10日に休園した泉小学校付属幼稚園、いずみ保育園を14日も臨時休園とする。